当該の意味 – 該当(がいとう)の意味

当該(とうがい)とは。意味や解説、類語。いま話題になっている事柄に直接関係すること。まさに、そのもの。また、その担当であること。「当該事件」「当該庁」 – goo国語辞書は30万語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。

「当該」の意味

「当該」と「該当」という言葉をご存知でしょうか。「当該商品は」「該当する人」といったように使います。では、それぞれの意味についてしっかりと理解しているでしょうか。どちらもビジネスシーンにおいて見聞きすることがある言葉です。よく使われている言葉ですが、違いについて

公的な書類などで、ときどき目にすることのある「当該」という言葉。意外となんとなく理解したつもりになっている人も多いのではないでしょうか。今回は正しく理解するために「当該」の意味と使い方を紹介します。また、同じ漢字が逆にならんでいる「該当」との違いも解説していますの

May 30, 2017 · 「当該」の意味と使い方とは|該当の違い・当該を含む語句の使い方. 言葉の意味. ビジネスシーン、日常生活の公式なスピーチや文章でみかける「当該」という言葉について、意味や使い方、似ている言葉「該当」との使い分けなどについて解説します。

そもそも「当該」と「該当」の意味とは?

「当該」の意味と読み方を解説しています。当サイトはよく見かけるけど意味が不明な言葉の意味を丁寧に解説しています。

「当該者」の意味は当該の者のこと。Weblio辞書では「当該者」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。

ビジネス文章で用いる「当該」と「該当」の言葉。 「まぁ使っている漢字も同じだし、フィーリングで好きな方を使えばいいや..」と考えるビジネスパーソンもいるかもしれませんが、実は注意が必要な言

「当該年度」の意味は?

該当と当該。 読むと、「がいとう」と「とうがい」になりますが、ひっくり返しただけで、ずいぶん似ていますよね。 意味も似たり寄ったりな気がしますが、どういった違いがあるのでしょうか。 明確な意味の違いや使い分けがあるのでし・・・

「当該」とは?意味や使い方を解説! 「当該」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「当該」について解説します。

Dec 09, 2017 · 「当該」は、普段あまり馴染みのないものですが、ビジネスシーンではよくでてくる言葉です。いざ使う時に「当該」と似た言葉の「該当」の違いがわからず使い、相手にうまく伝わらないということもあります。「当該」の意味や使い方をよく理解して、文章の理解力を高めましょう。

「当該」という言葉は、仕事や文書、法令などで見聞きする機会の多い熟語です。しかし、多くの方は、誤った使い方をしていたり、正しい用法を使っていても正確な言葉の意味を知らなかったりします。そこでここでは、「当該」の意味や正しい使い方をまとめてみました。

当該の意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、当該の本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上のことを知ることができたと感じるのではないで

「当該」の読み方は?

「当該」の意味は「直接関連している事柄」です。類語には「目先の」「当」「本」などがあり、英語では「said」と表現されます。今回は、そんな「当該」の詳しい意味と使い方を解説します。

著者: Bansan

<当該の読み方> 「当該(とうがい)」と読みます。 <当該の意味とは?> これは、 「いま話題になっている事柄・そのことに関係する事柄」 という意味です。 具体例でいきます。 製品Aで不具合が発生

該当と当該の意味の違いがよく解りません。教えてください。 「当該」(とうがい)「その」という意味で、ある規定の中の特定の対象をとらえて、それが前に掲げられた特定の対象と同一のものであることを示し冠として用います。英

Read: 24190
「当該」の意味と使い方
「該当」と「当該」の違い
「当該」の意味と使い方は?

「当該」や「該当」はよく使われることの多い言葉ですが、意味の違いを理解していない人が多いです。どちらも同じような意味の言葉ですが、実は違いが存在しており、使い分けることが大切です。「当該」と「該当」の意味の違いや使い分け方などを例文を用いて解説します。

「当該」の意味はそのことに関係のあること。Weblio辞書では「当該」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説してい

「当該」とはどういう意味ですか?「該当」とは違うのですか? 「当該」とはどういう意味ですか?「該当」とは違うのですか? 関連性はありますが、意味(用法、品詞)は違います。「当該」=ある条件に該当するそれその

Read: 46583
「該当」の意味と使い方

該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか? わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

不適合と非該当の違い葉なんですか。教えて – 教えて!goo 状態: オープン
契約書の中の文言で、「次の各号の一に該当する – 教えて!goo 状態: オープン

その他の検索結果を表示

デジタル大辞泉 – 当該の用語解説 – いま話題になっている事柄に直接関係すること。まさに、そのもの。また、その担当であること。「当該事件」「当該庁」

「該当」も「当該」も同じ漢字をひっくり返しただけですが、どのように区別されているのでしょうか。パッと見は似ている熟語ですが、意味・使い方ともに大きな違いがあるようです。「該当」とは、ある条件・資格などに、当てはまること。「当該」とは、話題になっている事柄に関係が

当該の案件について至急確認の上報告下さい。 (メールで書く場合) 例文帳に追加 Could you please check and report this matter immediately. 発音を聞く – Weblio Email例文集

「当該」とは、日常的に起こるさまざまな事柄のうち、「いま話題にしている事柄」あるいは「これまで説明した事柄」などを意味します。通常、文章では「当該 」、会話では「当該の 」と表現しますが、名詞を修飾する連体詞を使って「あの 」「この 」と表現できます。

「当該」の意味と使い方は? まずは、「当該」の意味と使い方について見ていきましょう。 一応、念のために読み方もお伝えしておくと【当該】と書いて 【とうがい】 と読みます。 これは大丈夫ですよね。

「当該」や「該当」はよく使われることの多い言葉ですが、意味の違いを理解していない人が多いです。どちらも同じような意味の言葉ですが、実は違いが存在しており、使い分けることが大切です。「当該」と「該当」の意味の違いや使い分け方などを例文を用いて解説します。

「該当」と「当該」の意味と使い方って紛らわしくないですか?どういった場面で使うのか?どういった使い方をするのか?それぞれの違いと使い分け方を例文を交えてわかりやすく紹介しています。

意味としては近い部分もありますが、「当該」には「その」や「前述の」という意味もあります。例えば、「当該 」という言葉を「その 」「前述の 」というように置き換えることもできます。

「当該」の意味 「当該」は「そのことに関係ある物事、現在話題に上がっている物事」という意味です。 また、「当該」は「当該です」などと単体で用いるのではなく、連体詞として用いる言葉です。

「当該」とはどういう意味ですか?「該当」とは違うのですか? 「当該」とはどういう意味ですか?「該当」とは違うのですか? 関連性はありますが、意味(用法、品詞)は違います。「当該」=ある条件に該当するそれその

該当と当該の意味の違いがよく解りません。教えてください。 「当該」(とうがい)「その」という意味で、ある規定の中の特定の対象をとらえて、それが前に掲げられた特定の対象と同一のものであることを示し冠として用います。英

[PDF]

」という意味。特別法の規定などに置かれ、ある事項に対する一般的原 則的な規定を排除して個別的な規定を定める場合に使用する。 道徳的、倫理的な意味が含まれている訳ではなく、「善意の第三者」のように、善意とはある事情を知らない こと。

「当該職員」タグが付いているQ&Aの一覧ページです。「当該職員」に関連する疑問をYahoo!知恵袋で解消しよう!

係るの意味と読み方を解説しています。当サイトはよく見かけるけど意味が不明な言葉の意味を丁寧に解説しています。

当該とは?意味は? 「該当者」を『その条件に合った人』、とするなら「当該の人」の場合では、すでに『その条件』が提示されている必要があります。

前に登場した言葉を指し示す「前記」、「当該」、「上記」。どれも意味が似たり寄ったりで、使われる場面が、統一的に明確に分けられているわけではありません。しかし、多くの明細書を眺めていると、少なくとも特許実務の世界では、慣習的な使い分けの傾向は見受けられます。

当該という意味は、そのもの、または当てはまっているものという意味で使われることになります。 該当という言葉とはまた異なっていますので、使い分けるようにしましょう。 意味なども違うので、間違えないようにしてくださいね。

「該当」は日常的によく使用する言葉ですよね。では「当該」は「該当」とは何が違うのでしょうか。「当該」の意味と読み方、使い方の例文を紹介します。当該とは|意味と読み方!「当該」は「とうがい」と読みます。「該当」と同じく「当てはまるもの・こと」

何気なく読んでいる文字も、真正面からその意味や違いを聞かれたら言葉に詰まることがあります。また、いざ自身がレポートなどを書く時に、ふと疑問に思うこともあります。 具体的な例として、「当該」と「該当」を挙げて、その意味や違いはどのようなものなのか、少し考えてみましょう。

「当月」と「今月」という言葉をご存知でしょうか。「当月末に」「今月中に」といったように使います。では、「当月」と「今月」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。この2つの言葉は日常会話において、よく使われていますよね。ただ、「今月」は知っていても「当月」は

似た意味を持つ「該当」(読み方:がいとう)と「当該」(読み方:とうがい)の違いと使い方を分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語としては正しいのか、このページの使い方を参考にしてみて下さい。該当と当該は全く同じ2つの漢字の組み方が違うだけの

当該方法は、当該部分に関するデジタルサンプルの各々のデジタル値を用いて、当該部分の長さで規格化された当該部分の傾きの平均値を決定する工程と、エネルギー測定フィルタの応答を補正するために当該部分の長さで規格化された当該部分の傾きの平均値を用いる工程とを含んでいる。

私は「当社」の当は「私の属する」という意味の謙譲語で、口語ないしは口語表現以外の記述では普通は使用できません。一方、「同社」の同は「先、上ないしは右に述べた呼称と同じ」という意味の文語体の言い回し(省略表現)であったと考えます。

「当該物件」と「該当物件」など、同じ言葉が続いて余計に違いが分かりにくく感じてしまいそうな「当該」と「該当」ですが、意味にははっきりとした違いがあります。

いずれにせよ、「〇〇に『係る』 」という表現は公的機関の文書中に頻繁に登場するので、社会人の常識として「係る」の意味を知っておきたいところです。 以上、「係る」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

“said” と聞くと「(誰々が)言った」の意味を連想されるかと思いますが、「当該」の意味もあります。なので例えば “The new policy go into effect upon receipt of said document.” 「新しい制度は当該書類が受理され次第、施行される」 “Said matter will require further discussion.”

デジタル大辞泉 – 該の用語解説 – [接頭]名詞に付けて、ある場面で問題になっている当面の物事をさしていう。その。この。当の。「該事件についての報告書」「該資料」

当該部署の意味. これも、当該職員と同様に、部署そのものを指す場合と、その担当部署を指す場合があります。 いずれにしても、特定のある部署を指すのには変わりはないのですが、使われている流れの違いはすぐにわかるようにしておきましょう。

「以降」という言葉は日常生活でもよく使いますよね。あらためてこの「以降」という言葉の意味と以降の「その日」を含むのか、含まない言い方は?など解説していきます。

ビジネスメールや書類、電話応答などで「その旨」という言葉は頻繁に使われています。この記事では「旨」や「その旨」の意味と使い方、ビジネスシーンでの例文を紹介しています。正しい意味や使い方に迷ったら、ぜひ参考にしてみて下さい。

当該 を使った例文を教えて下さい。 当該工程にも石鹸水霧吹きを常備する とはどういう意味ですか? 当該 と 該当 はどう

[PDF]

・「当該事業所における勤務時間」で考えることが基本であることから、原則として、 事業所をまたぐ業務の兼任は、常勤ではなく非常勤とし、時間を分けて勤務体制 表を設定するものとする。

該当と当該の意味や違いとは? 同じ漢字の組み合わせなのに、並び方や順番が少し違うだけで意味や使われ方が全然違う言葉ってありますよね。違いを知っていないと、使い方を間違ってしまう場合があって困ってしまいます。 新聞や書籍で・・・