犬の病気 – 価格.com

犬の病気について、症状・原因・治療法・予防法を詳しく解説、症状や病名から愛犬の病気を検索できる病気事典です。愛犬の病気を調べたい飼い主さん、愛犬の体調や様子に不安を感じる飼い主さんは、ぜひご活用ください。

犬の悪性リンパ腫(リンパ肉腫) · 特徴 · 犬の下痢 · 犬の腎不全 · 犬の尿道結石

犬の病気や、猫の病気の「こんな状態・症状・病名の時、どうすればいいの?」が、すぐに見つかる、国内最大級の豊富な事例が集まった犬猫ペットの健康ポータルサイト。応急処置、早期発見など、大切なペットちゃんといつまでも幸せに暮らすために。

猫の病気の豆知識 猫の歯みがき · 犬の便秘 · 猫の撫で方 · 犬の痙攣 · 著作権について

犬も生き物なので、当然病気にもかかります。犬は痛みに強いといわれており、あまり苦しい感情を外に出さないようなところもあります。それに加え、犬の病気には症状が分かりづらく気付きにくいものもあるのです。このページでは犬の病気を症状・病名で見つけ出し、その病気の原因や

犬の病気・症状データベースです。犬の病気データを症状・異常・部位別に発信しています。いぬのきもちでは、犬のちょっと面白くてためになる連載を、毎日お届け。

「PETomorrow(ペットゥモロー)」はペットとの生活をより楽しく充実させるためのノウハウや情報をお届けするメディアです。

犬の病気の症状・原因・治療法・予防法や、症状から想定できる犬の病気について獣医師がくわしく解説、保険会社の保険金支払いデータを基にした傷病ごとの治療費例も掲載しています。犬の体調などに不安を感じる方、犬の病気についてくわしく知りたい方は参考にしてみましょう。

犬のこんな症状、犬がこんなしぐさをしたときはこんな病気の疑いがあります。参考にしていただければ幸いですが、結論にはしないでください。心配なときは必ず獣医さんに見てもらいましょう。

すべての犬に共通してかかりやすい病気もあれば、犬種や年齢によってかかりやすさが異なる病気もあります。保険料請求が多い犬の病気ランキングから、それぞれの病気の治療方法や治療費の例などをご

【1ページでまるわかり】老犬に多い病気と、それらの病気を早期発見する方法について詳しく解説します。飼い主がいち早く病気のサインを見つけてあげれば、犬たちの健康寿命を伸ばせるかもしれません。

よく見られている病気. 犬のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症) 犬の悪性リンパ腫(リンパ肉腫) 犬の下痢; 犬の熱中症(熱射病、日射病) 犬の脱毛症(抜け毛) 犬の椎間板ヘルニア

犬が病気にかかったときに出現しやすい症状を一覧化しました。病気の早期発見に役立ててください。 このリストは、病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお使いください。

犬の病気naviへようこそ。当サイトでは、犬の種類別にかかりやすい病気や、実際多く発症する病気の症例・治療法法等を詳しく掲載しているサイトです。もしも、大事なワンちゃんの様子がおかしかったら当サイトをご利用下さい。病院に行く前の予備知識としてはもちろんですが、病院で

犬の病気には、その体型や骨格、外形(目や耳、鼻)などが起因するものがあります。また遺伝的な素因が影響することもあり、とても注意が必要です。普段の生活習慣やその年齢によって左右されることから、飼い主さんの健康管理は欠かせません。まずは知っておくことが大切ですね。

犬が元気に毎日を過ごすためには、日頃から病気を予防し、早期発見・早期治療に努めることが大切です。犬の病気の予防方法、病気のサインについては、こちらのページをご覧ください。

犬の病気、体調と健康管理についてq&aのまとめ。質問総数 4,000件 の相談と回答。ドッグフード選び、サプリメント栄養管理、怪我、治療方法など。220カテゴリーに分類し、探している情報が簡単に見つかる。初心者にも分かりやすく悩みをサポート。

犬から人にうつる病気. 犬は、ただ可愛いだけではありません。人間をはじめ、動物はみな病気をもっています。中でも気をつけたいのが、「人畜共通感染症」。お互いが健康に暮らすためにも、これについて知っておきましょう。

犬の寿命が伸びるにしたがい、病気にかかってしまうケースが増えています。ここでは、犬がかかりやすい重度な病気や、かかりやすい犬種や症状の見分け方、日常生活での予防方法などをご紹介していきます。よくあるケースなので是非覚えておきたいですね。

動物は言葉を話さないため、病気の進行が進んでしまいがちです。普段からの健康チェックが大切です。以下に外見から健康状態を見る視点について上げてみますが、何か普段と違う点に気いたら早めに獣医師に相談しましょう。

犬がかかりやすい病気・ケガの症状や予防、治療方法をご紹介。身近な通院から高額治療までしっかり補償。幅広い補償をグッドプライスでご提供!獣医師への健康相談も24時間365日無料で受けられるアクサダイレクトのペット保険。

犬が夜寝ていた場所が、朝になったらおねしょみたいに濡れている?犬のお漏らしに気づいた時、飼い主さんも少しショックですね。でも寝ながらお漏らしがあるなら病気が原因かもしれないです。今回は、犬のお漏らしの原因と対策についてみなさんと情報を共有し

犬の癌(がん)・腫瘍、アトピーアレルギーなどの皮膚病、心臓疾患など犬の病気と犬の薬について情報をまとめたサイトです。犬の病気の基礎知識や犬の病気の症状別対応方法などをご紹介いたします。

ペットライン教えて犬ノートは、犬のお悩みを解決する老犬のかかりやすい病気って?の情報を紹介。

愛犬にはいつでも元気でいてほしいと思うのが飼い主の願いです。しかし残念ながら「先天性」や「加齢」によって、脳や神経の病気にかかることがあります。 愛犬の少しの変化に気付けるように病気の症状や特徴、原因、治療法について事前に知っておくことが大切といえます。

「犬が震えている=病気」とは限りません。 私たち人間もさまざまな理由から体が震えるように(恐怖・緊張・興奮など)、犬も病気以外のことで体がプルプルと震えることはあります。 「愛犬が震えているから病気だ!」とすぐに決めつけないためにも、ここでは犬が震えてしまう原因と

犬の目は対面した時に一番最初に見える所。目の病気でなくとも、目を見ただけで愛犬の元気の状態を把握できる大切な所。 目の病気は単独の病気だけではなく、症状が1つだけあったり、複数あったりと様々です。 角膜は眼球の外側にあり、常に空気と接触しています。

これらの病気の他にも腎・泌尿器疾患、糖尿病、老年性白内障などの眼科疾患などさまざまな犬の病気があります。 病気にかかってからではなく、かからないように元気なうちから健康チェックを行いましょう。 病気にかかりにくくするために!

犬の病気、猫の病気で悩んでいる飼い主さんへ 健康について「100%」とか「絶対に」と断言することは出来ません。

犬の耳の病気では、犬の耳血腫(じけつしゅ)、耳ダニ 、中耳炎、内耳炎、肥厚性外耳炎などの耳の病気を解説しています。

2017.01.19 2017.05.10 犬の病気・健康 【人気32犬種】犬種別かかりやすい病気と予防策まとめ!あなたのワンちゃんは大丈夫? 犬は犬種ごとにかかりやすい病気があることを知っていますか? この記事では様々な犬種を取り上げ、そのかかりやすい病気と予防策についてお話ししていきます。

腎臓病は高齢の犬や猫で多くみられ、進行すると死に至る病気です。腎臓は年齢とともに徐々に機能が失われていくことが多いのですが、再生しない臓器のために、一度失われた機能は回復することが難しいです。ここではそんな腎臓の働きや腎臓病のメカニズム、治療法などを詳しく解説して

犬の目の病気の症状・原因・治療法・予防法や、かかりやすい犬種などについて獣医師がくわしく解説、保険会社の保険金支払いデータを基にした傷病ごとの治療費例も掲載しています。気になる犬の目の病気について、くわしく知りたい方は参考にしてみましょう。

この犬種別病気マニュアルは、病気を早く発見し、できればその病気を避けるための予言書です。犬生(イヌの人生)において、過去の病気記録や遺伝子の持つ特性を考え、起こり易い病気を推定したものです。

犬の一般的な病気と症状を詳しく説明するこのサイトは愛犬の健康のために不可欠です!また、従来の治療法だけでなく、食療、ハーブ、 アロマ、サプリメントなどの自然健康治療法もたくさん紹介します。

犬種別のなりやすい病気. 日本で飼われている犬は、普段よく見られる犬種でも40種類以上に上ります。 犬種別に特徴があり原産地、遺伝子的系統も違います。これが犬の体質の違いとなり、犬種ごとにかかりやすい物もある種の傾向があるようです。

犬には椎間板ヘルニアなど、脊髄に起因する病気が発生します。脊髄に起因する病気は、主に首や背中の痛みそして片側

犬が掛りやすい耳の病気。外耳炎、耳かいせん、耳血腫などについて解説。耳が垂れている犬種が掛りやすい病気。白いダニが見つかる事もある。早めに治療しましょう。

・犬の尿から分かる病気5選。色が濃い薄いや血が混ざるなどを解説 ・犬が血尿して血の塊が出た!原因と考えられる病気 ⇒犬が血尿して食欲不振!原因と考えられる病気 ⇒ 犬が血尿して嘔吐する原因とは?何の病気? ⇒犬が頻尿で血尿が出る!原因と

腎臓病は高齢の犬や猫で多くみられ、進行すると死に至る病気です。腎臓は年齢とともに徐々に機能が失われていくことが多いのですが、再生しない臓器のために、一度失われた機能は回復することが難しいです。ここではそんな腎臓の働きや腎臓病のメカニズム、治療法などを詳しく解説して

愛犬が突然吐いてしまったら、とても心配になりますよね。実は犬は、体の構造上、人間より吐きやすいのです。 犬が吐く原因には種類があり、症状や危険性にもいくつかのパターンがあります。嘔吐の種類をきちんと把握していおけば、いざというときも適切な対応をとることができます。

柴犬は一般に他の犬よりも丈夫で清潔好きといわれているので、それほど心配する必要はないのですが、そんな柴犬にもかかりやすい病気があるので、最低限知っておきましょう。ここでは、特に柴犬に多く見られる病気を紹介します。

犬の病気の事やペットの健康を考えてみませんか。犬の死因の約75%は 癌や心臓病、腎臓病です。3つともに、体内の活性酸素を除去することによって未然に 防げる可能性があります。

犬の病気や犬の健康を語句検索. おねしょは老化? おねしょは老化? ミラ さん. はじめまして、こんにちは。 12歳、雑種、中型犬の犬を飼っています。 最近、おねしょをするようになりました。 昼間は水ばかり飲んで、ずっと寝ているようです。

犬がかかる病気として犬糸状虫症(通称:フィラリア症)があげられます。フィラリア症は寄生虫症の一種で、犬の心臓にフィラリアが寄生してしまうことで、最悪の場合死に至ることもある恐ろしい病気

これは、Yahooブログ シュナ友のみなさんから、集められた体験談を綴ったもの です。今までに犬と飼ったときの体験を通しての大切な記録です。 もし、自分の愛犬が病気になったときはどうしたよう? 犬を飼うのがはじめてだった(犬の病気体験記録ブログ)

犬がご飯を食べない!わがまま?病気?原因と対策. 愛犬、愛猫の「ご飯食べない」にお悩みの方、専門カウンセラーがご相談承ります。 病気や治療にかかわることはお答えできないことをご了承いただきご

犬の種類よって掛かりやすい病気は各々違います。ここでは、特に大型犬に的をしぼって、掛かりやすい病気について最低限知っておいていただきたいことをまとめました。

トイプードルはアクティブで健康的な犬種ですが、遺伝など先天的な疾患がいくつか存在します。トイプードルがかかりやすい病気については、こちらのページをご覧ください。

主な病気としては、気管支拡張症などがあります。これは高齢犬に多く、咳、呼吸困難の原因になります。また、気管支に異物が詰まっていると、やはり呼吸困難が起こります。レントゲン検査での診断が重要です。 咽頭と気管支の病気の検査

この病気の場合は主に”中年〜老齢”の時期に起こりやすく、犬種にも関係ないのでどんな犬にも起きる可能性があります。 ※前庭とは内耳にある平衡感覚を司る部分で、この部分の機能によって体のバランスを取っています。

犬 闘病生活ブログの人気ブログランキング、ブログ検索、最新記事表示が大人気のブログ総合サイト。ランキング参加者募集中です(無料)。 – 犬ブログ ちわわぱらだいすと病気のこと

歴史. 記録によれば、犬ジステンパーは18世紀に南アメリカからスペインにもたらされた後、ヨーロッパ全土に拡大した 。 現在では日本を含む全世界で発生がみられる。 当初は細菌性疾患との関連が疑われていた。 19世紀半ばにはKarleにより犬同士での感染実験が成功していたが、ウイルス性

全国の信頼できる獣医師から無料でアドバイスがもらえるペット健康相談q&aサイトです。犬の病気・猫の病気に関する質問を獣医師にご相談できます。

犬の骨・関節の病気では、犬の股関節形成不全、膝の前十字靭帯断裂、膝蓋骨脱臼、レッグ・パーセス病など骨・関節の

フィラリア症は、蚊が媒介するフィラリア(犬糸状虫、犬心臓糸状虫)という寄生虫の成虫が、犬の肺動脈や心臓に寄生して起こる病気です。フィラリア症はシニア猫にも大敵です。ノミ・マダニ駆除薬の『ネクスガード』『フロントライン』の公式コンテンツを掲載しています。

1.犬のそわそわは病気のサイン? 犬に何だか落ちつかない様子が伺える場合、それは何かしらの病気の可能性が少なからずあります。 【甲状腺機能の低下】 その一つとして「甲状腺機能低下症」があげられ

犬の病気 逆引き辞典. 愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬を飼っていて気になるのは、やはり病気のこと。犬はどんな病気にかかりやすいのか知っておくだけでも飼い主にとっては安心です。アイペット損害保険の調査データから、皮膚炎や外耳炎など犬がかかりやすい病気をランキングで見ていきましょう。

犬の病気 逆引き辞典. 愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬がお尻を床などに擦り付けながら歩く姿を見たことはありますか?愛犬家にとっては有名な犬の行動の一つで、思わず笑っちゃうような不思議な動きともいえます。「おしり歩き」と呼ばれるこの行動、実は病気が潜んでいる可能性があるのです。 今回は、犬のおしり歩きについて、また

【獣医師監修】未去勢のオスは要注意。犬の睾丸に起きる病気、精巣腫瘍の症状と原因. 去勢をしていない犬が発症する病気の一つに、精巣腫瘍(せいそうしゅよう)があります。その名の通り精巣の病気ですが、悪性の場合は早急な対応が必要です。